読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は今こう思って、こう考えていて、私は今つらくて、くるしいってことを、ただ知ってほしかっただけでした。でも仕方ない、仕方ないとか言われなくて、知ってほしかっただけなのに。別になにか言われたかったわけじゃなくて、ただ知ってほしかったです。仕方ないとか言われず、旦那には俺のやってることが気に入らないんだろと言われ、徐々に心が追い込まれていくのを感じました。旦那とその母親には、私の気持ちを知ってもらえることはないんだと絶望しました。警察を家に呼ばれたとき、旦那は頼れる相手があっていいなとすごく羨ましく妬ましく思いました。それと同時に、私を悪者のように扱い、頭のおかしい人のように扱う旦那を恨みました。警察を呼ぶということは、そういう扱いをしているのと同じだから。警察を呼ぶなら、さっさと家を出ていってほしかったです。アラームのことだって、私はそんなことを言われたら、睡眠時間に関わる大切な話を忘れるわけがありません。なのにそれを、俺は言った、お前が忘れてるだけだ、なのになんで人の睡眠時間をなんだと思ってるのなんて言われないといけないんだ、と理不尽に怒られました。今ここに書いたことを、私は旦那に謝られていません。私は謝ってほしかった。そうしたら、許せるかどうかはさておき、ひとまず落ち着くことはできました。そして謝ってくれないことで、もう好きになれないんだと思いました。謝ってくれないと、私は前には進めません。私の気持ちをぐちゃぐちゃにされ、頭おかしい人扱いされたことが私の中で大きなしこりとなっているからです。謝られないのならそれはそれでもういいんじゃないかとも思います。旦那と離婚するだけです。子どもと離れることになるのが、唯一の心残りです。そして、息子を手放すことになったことを、一生、死んでも後悔し苦しむことになると思います。

 

離婚なんて、きっと旦那はこれを読む前に決心しているかもしれません。次に私のところに来たとしたら、それは離婚届を私に突き出すためだと思います。もしそうだとしたら、私はきっと、躊躇うことなく書いてしまうと思います。だってもう、戻れないってことだから。私は愛されたかったです。無償の永遠の愛がほしかったです。息子の成長を1番近くで見守り、私のようにさみしい思いをさせないようにたくさんの愛情をそそいで育てていきたかったです。でももう叶うことはないんだなと思います。ひたすらにつらくて苦しいです。今まで頑張ってきた結果がこれなんです。私は一生、報われることはないんだと思います。幸せだ、楽しいと思っても、絶対に長くは続かないんです。小学生、中学生、高校生、そして中退した後もずっとそうです。多分これはもう、そういう運命で、諦めなくてはならないんだと思います。旦那と付き合うようになって、結婚して、出産して、これからもっと幸せになれるんだと信じてました。今までの不幸に耐えたご褒美なんだと信じてました。でもやっぱり、幸せって長くは続かないんだって、ようやく理解しました。私の幸せはもう終わりました。愛されたかった。息子が巣立つまで、成長を見守ってあげたかった。